ビューティーモールのフラーレン美容液の価格や口コミを調査!

ビューティーモール(BAUTY MALL)さんでフラーレン美容液のトライアルセット(お試し品)が安く発売されているというので今回はその価格や口コミを中心に調査してみたいと思います。

 

フラーレンとは?

まずフラーレンとはなんなのかを簡単にまとめると

「活性酸素の働きを抑えて肌に有害な物質を消去・吸収する」

という事になります。

活性酸素とは肌の老化に関係してある物質ですが、それキャッチして健康な肌を保つのに貢献するのがフラーレン配合美容液なのです。

 

ノーベル賞受賞成分であるフラーレン

フラーレンは1996年にイギリスの化学者であるハロルド・クロトー(Sir Harold Walter Kroto)によって発見され、以後瞬く間に有名になりました。

そして現在では数多くの美容製品にこの成分が配合され、美容に関心のない人々の間にもその名前が浸透することとなりました。

 

どのような人におすすめなのか?

それではこのフラーレン配合製品はどのような人におすすめできるのかを見ていきましょう。

・しわ

・乾燥

・ニキビ

・ケアナ

・たるみ

・くすみ

・シミ

・弾力

つまり肌に関するトラブル全般に対するサポートに最適というわけです。

 

試供品

今回はそのようなフラーレンが配合された商品を見ていくのですが、何から買っていいかわからないという人のためにお得なトライアルセットが用意されているので中身を見てみましょう。


図をご覧になっていただければ分かると思うのですが、フラーレンクリームの他に角質柔軟化粧水フラーレンミスト、それにWFCEGマスクがついて5,000円と大特価で提供されています。

cream

メインのこのクリームだけでも単体で買えば12,960円するのでかなりお得ですね。さらにフラーレンマーク入りなので安心して購入できるのではないでしょうか。

フラーレンマークとは、製品の中にフラーレンの配合量が全体の1%以上含まれているという証明になるマークです。フラーレン関連製品を購入する際にはチェックしておいたほうがよいでしょう。

logos

http://www.ci-labo.jp/より

こちらのフラーレン製品は黄色のマークなので水溶性フラーレン配合という事ですね。

 

他社の製品とはどこが違うのか?

発売元のBEAUTY MALLは業界でも大手のサイトで、フラーレンとビタミンC誘導体APPSの分野では大きなシェアを占めています。さらに著名人や美容系のブロガーの愛好家も多く、その信頼性の高さが伺えます。

そして一番の特徴はフラーレンを高濃度に配合しているという点にあります。

そのほかにもビタミンC誘導体であるAPPSやシミ取りとして有名なVCエチル(ビタミンCエチル)が配合されているのでよりおすすめできると言うわけです。

 

・高濃度フラーレン

・APPS

・VCエチル

 

ビューティーモールのフラーレン製品はこの三点がポイントになります。

 

販売元は?

BAUTY MALL(ビューティーモール)

正式名称がフラーレンビタミンC誘導体配合化粧品

住所:140-0001 東京都 品川区 北品川 1-9-7-1015

東京に本社があるネットショップで、2014年ネットショップ大賞において東京の銘店に選出された実績があります。

https://estore.co.jp/award/2014/prefectures/kanto.html

 

支払い方法・送料

代金引換クレジットカード決済があります。

今回紹介するトライアルセットに限って送料無料となっています。

 

口コミ

それでは口コミを見ていきましょう。

 

・娘と一緒に毎日愛用しています。子どもと一緒につかえる程、肌に優しい成分で作らているので気に入っています。

つけた瞬間から違いが分かりました。肌へのつけ心地が本当に優しい感じがしました。敏感肌の私にとっては最高です。

・使い始めて3日目で効果が現れている感じがします。

・リポフィラーレンアイクリームはニキビにも効果的でした。さらに首のシワと色素の沈着に効いていると実感しています。

 

特筆すべきは肌にやさしいという点でしょうか。子供にまで使えるという感想を書いていた人がいる程なので、敏感肌の人に対してもかなり配慮した作りになっているようです。

もちろん、以上は個々人の感想であるので実際合わないという人もいるでしょうが、初めての方なら送料無料なので試す価値があるのかもしれませんね。

 

【高濃度フラーレン配合半額以下(送料無料)@コスメでも高評価【フラーレントライアルセット】

以上ビューティーモールのフラーレントライアルセットについてでした。