Xボーダーの簡単個人輸入の評判について。日本のアマゾンより激安の秘密とは?

個人輸入という敷居の高さ

個人輸入と聞くと初心者にとっては「なんか怖い」「どうしたよいか分からない」「めんどくさそう」「本当に商品が届くのか心配」等と様々な懸念が浮かぶと思うのですが、海外で発売された品物の場合、日本より圧倒的に安く購入出来る商品もあるという魅力もあるので、手間がかからずに海外から商品を買う事が出来ればそれにこしたことはないですよね。

そのような海外製品の輸入を代行してくれる会社が存在します。

それがXボーダー(クロスボーダー)という会社になります。

 

所在地は?

運営元はアメリカのサンフランシスコに所在しています。

会社名がSwellbox, Inc.で設立が20126月。住所は150 Spear Street, Suite 725, San Francisco, CA 94105となっており、担当の弁護士がマーシャル・鈴木総合法律グループとなっています。Swellbox, Inc.と弁護士事務所はどうも同じ住所のようですね。

 

国内サポート企業

母体は海外企業なのですがちゃんと日本国内にもサポートセンターがあります。株式会社シンプリックといい、設立が2014年と新しい会社ですね。住所は東京都渋谷区恵比寿南2-2-6 山本ビル5F。

日本語でのサポートがあるので英語ができなくても大丈夫なので、これは安心材料の一つといえそうです。

 

 

クロスボーダーとはどのような商品を扱っているのか?

アマゾンというサイトをご存知でしょうか?ネット通販を利用した事がある方なら一度ぐらいは利用した事がある方もいらっしゃると思うのですが有名な通販会社ですよね。クロスボーダーとは米国amazonで買い物をして日本へ送ってもらうというシステムなので、品揃えもamazon.com(米国)で取り扱っているものであればほぼ購入ができるので、その数はなんと1億点以上もあります。


http://www.amazon.com/


ジャンルも豊富でありとあらゆる分野をカバーしていますが、サイトによると人気のジャンルは、

スポーツ用品・DIY・工具・アウトドア用品・インテリア・オーディオ・パソコン・キッチン用品・ファッション・キッズ用品等のようです。

 

注意点

個人輸入をした事のない方の為に注意点を簡単にまとめてみました。

① 注文から到着までが長い。

これは日本でアマゾンに頼む場合と比較したら心が砕けそうに成るほどの違いがありますので気をつけて下さい。

注文から到着までの流れとしては、

1.PC等で注文する

2.アマゾンからアメリカにあるXボーダーの倉庫に到着するまで2-4週間かかる。(商品により変動)

3.検品 商品到着後に検品してからの出荷なので数日かかる事も。土日や祝日を挟んだ場合さらに伸びる可能性もアリ。

4.国内到着から自宅へ配送 5~7日

以上を総合すると長い場合で注文から商品到着まで1月半ぐらいはかかる事になります。ですから初めに申したとおり、日本のアマゾンで購入する感覚を始めてから捨てて下さい。そうしたほうが気持ちが楽になること間違いなしですよ。

②送料がかかる

1.マーケットプレイスで購入する場合にはアメリカ国内での送料がかかる場合がありますが、それは商品の下に明記されるようです。

2.大型商品に対してはその重量や大きさに応じた送料がかかります。

3.燃油サーチャージは国際送料へ加算されています。

 

③ 関税、消費税がかかる

国を超えて売買する時はほとんどの物に関税がかかってしまうので注意しましょう。

ただし、商品の金額が16,000円未満の場合は関税、消費税がかからないとの事なので、16,000円という数字を一つの目安として考えて下さいね。

※ 毛皮のコート・革製のハンドバッグ・シューズ・ワイン、これらは値段にかかわらず関税がかかるので注意して下さい。

関税の計算方法なのですが、クロスボーダーで注文する時に手数料や送料、関税そして商品金額の合計が購入前に自動的に確認できますので、購入前に試してみて下さいね。

その他にも内国税という特定の商品にかかる税金があります。例えば酒やタバコ等がそうです。

 

④ 手数料がかかる

業者(Xボーダー)の取り分として商品金額の15%または10ドル(10ドル123円換算で1230円)の手数料がかかります。

プレミアム会員になると商品金額の10%または7ドルに割引されるようです。

 

⑤ 高額商品の購入について

1500ドル未満(1ドル123円換算で184,500円)の購入の場合は当てはまらないので読み飛ばして結構です。
1,500ドル以上の注文をする場合に、銀行振込での支払いを要求される場合があるそうです。さらに場合によってはクレジットカードが請求される住所の確認書類の提出や、本人確認書類の提出等を求められる場合もあるそうです。そして個人輸入での簡易関税率が適用される金額が1荷物あたり2,000ドルまでなので、それ以内での注文が推奨されています。高額商品を注文される方は注意が必要ですね。

 

⑥ 支払い方法について

クレジットカード(VISA/MASTER/AMERICAN EXPRESS)・銀行振り込み・Paidy(後払い・一括払い コンビニ支払い可、セブン-イレブンは未対応)

以上の3通りになります。セブン-イレブンに対応していないようなので気をつけて下さい。

 

⑦ 輸入できないものがある。

http://www.xec.jp/faq/index.php?sid=270439&lang=ja&action=artikel&cat=28&id=28&artlang=ja

サプリメントやナイフ、マニキュアその他多数の名前が上のページに記載されていますので確認して下さいね。危険物やポルノ関係はもちろん、違法なものや薬品関係、それにワシントン条約に抵触する品(毛皮など)がダメみていですね。遺体という項目もありますが、これは研究材料や漢方の成分等の関係でしょうかね?意外と多いのでこれまた注意が必要になります。

 

⑧ 日本で買うより高くつくものがある。

商品自体は日本より割安なものの、送料やその他手数料、為替の影響を含めると日本で買うより高額になってしまう可能性があるので事前にしっかりと確認しましょう。

 

⑨ 一定の保険料が含まれている

ヤマト宅急便は1,000ドルまでの保険がかけられているようなので安心ですね。それ以上の保険をかけたいのであれば別途加算する事が可能のようです。

http://www.xec.jp/faq/?search=%E4%BF%9D%E9%99%BA&submit=Search&action=search


以上が注意点になります。

 

確認事項まとめ

①注文から到着まで時間がかかる事
②関税・手数料・内国税(ものによって)送料がかかる。
③高額商品(約18万円以上)は購入に手間がかかる
④支払い方法の確認
⑤輸入できないものがある
⑥日本より高くつく物がある。
⑦ある程度の保険料は含まれている

 

税や送料、保険については詳しくはXボーダーでもきちんと確認してから注文して下さいね。それと分からない事があればサポートセンターがあるので是非使い倒してよい通販生活を送りましょう。

 

口コミや評判

公式サイトに感想が載っていましたので見ていきましょう。

初利用ですが、特に難しくもなくアメリカのアマゾンの商品を購入する事ができました。
日本では未発売だったので購入する事ができて満足しています。個人輸入をしようと思ったのですが、一般個人は購入できないところばかりだったので助かりました。
日本完売品を安く購入できてよかったです。配送もヤマトだったので安心できました。
日本では見つける事ができなかったものですが、米国のアマゾンには様々なデザインのものがあったので他にも購入を検討しています。
日本ではレングスに余裕のあるジーンズがなく困っていたのですが、米国には自分の体型にあったものがあり購入しました。手続きも簡単でありとても満足しています。

以上少数ですが抜粋要約して掲載してみました。やはり日本未発売のを購入される方が多いですね。それと洋服のサイズが日本製だと合わない方や、ディズニー関係のグッズを購入される方も多いように見受けられました。海外ものはデザインがユニークなのが多いらしく、日本より選択肢の幅が広いとか。日本製品ももちろんよいと思うのですが、海外製品はよくも悪くも冒険心があって個性的な物が多いようですね。