イタリア産オリーブオイルコラティーナの口コミは?そして本物なのか?

表紙

イタリア警察が偽造オリーブオイルを摘発

2014年12月、イタリア警察は偽造オリーブオイル7000トンを摘発したとして当時かなり話題になりました。

理由は2014年のオリーブが不作だった事によるものだとされており、その煽りをくった形で薄めて販売、つまり純度が法定基準に満たない商品を売りさばいていたという事でした。

一説によると全世界で発売されているイタリア産のオリーブオイルのうち約72%が偽造オリーブオイルという可能性もあるという事で欧州では一致団結してその対策に乗り出しているそうです。

うーん、消費者としては実にこまりましたね。

一度代理店を通して日本に入ってしまえば調べる術はないですからね、これはもう信頼して買うしかありませんね。

開封前のオリーブオイルの保存期間が1~2年ぐらいという事なので、2014年産のオリーブオイルはまだ市場に出回っている可能性があるので注意したいところです。

 

コラティーナは本物か?

オリーブオイルをよく知らない私などはその業界でいくら有名なオリーブオイルでも自分の目で確かめなければやはり信用できません。

そんなわけでコラティーナというオリーブオイルは果たして本物なのか?

というわけで調べてみる事にしました。

コラティーナ

キャッチコピーによるとOLIVE JAPAN国際エキストラヴァージンオリーブオイルコンテストで2016年に金賞を受賞したとあります。さらに調べると2015年の受賞者の中にモCORATINAの名前がありました。

2015年度受賞者

 

これでとりあえず一安心ですね。

下のリンクは生産者であるPorofumi di Castro(ブランド名)のホームページです。(イタリア語)1950という文字が見えるのでかれこれ65年以上の歴史があるブランドなのでしょうか。

http://www.profumidicastro.it/

さらにこのオリーブオイルはbioissimoというオーガニック専門店の人が自らの足を使って現地まで行って探してきたと言うほどの肝入の一品です。そんな彼らが自信をもっておすすめするコラティーナ。是非あなた自身の舌で確かめてみてくださいね。

 

口コミは?

ペペロンチーノをいつものように作ったところ、今迄使っていたオリーブオイルよりもコクがあり最高でした。炒め煮を作った時もまろやかで美味しくいただけました。火を通すと苦味がなくなるようですね。
開封した瞬間に広がる香りが凄かったです。苦味が強めに出た大人の味で、甘さの立つ天日干しの塩を相性がよく混ぜるだけで極上のドレッシングになりました。
このオリーブオイルはかなり辛味が強く喉への刺激が上級者向きかと思います。エビとマッシュルームのアヒージョにしたら奥深い味に変身し本当に美味しかったです。さらにサンマの竜田揚げにかけてみたところ、味が引き締まって絶妙でしたよ。

本場の通の味なのか、苦味やスパイシーな味が特徴のオリーブオイルのようですね。オリーブオイルと聞くとまろやかなイメージでしたが、それじゃあ物足りないといった方には特におすすめできるのオリーブオイルのようですね。

 

その他製造工程や早摘みの秘密や詳しい成分構成は公式サイトに画像付きで詳しく説明してあるので是非とも自分の目で確かめて見てくださいね。

 

早摘みオリーブ100%ポリフェノールがたっぷりの秘密を見る

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

【WEB限定】本物実感モニターはこちらから!

限定先着300名という事なので気になる方はお早めに!

↓   ↓   ↓

以上エキストラヴァージンオリーブオイルのコラティーナについてでした。