ライザップイングリッシュの口コミは?正しい英語脳の作り方とは?

タイトル

あのライザップが英語教育業界へ参入

ライザップ(RAIZAP)と言えば数多くの著名人のわがままボディをギュッと引き締まったボディへと変貌させた事でも有名ですが、そんなライザップが英語教育業界へ参入しました。

ボディメイクと同じ手法が英語習得にも通用するのか?

というところに注目ですが、今回はそんなライザップイングリッシュについて色々と調べてみました。

 

ライザップとは?

新宿に本社を構えるRIZAP株式会社を母体とし、傘下には

・健康コーポレーション株式会社

・株式会社イデアインターナショナル

・株式会社ゲオディノス

等の系列企業を従えて、健康食品やボディメイク等人間の健康に関する事を中心に事業を展開しています。

設立が平成22年5月7日で資本金が1000万円といいますから出来て間もない会社です。しかしテレビCM等で一躍有名になっているところを見ると、短期間でその収益はかなりのものだったのではないでしょうか。

 

結果にコミットする

何故短期間でそれほどまでの成長を遂げたのか?

おそらくその理由は

結果にコミットする

という単純なフレーズにあったようです。

 

森永卓郎さんがライザップのカウンセリングを受けた際に

「成功したらどんな服を着てみたいのか?」

「痩せたらどんな事をしてみたいか?」

等といった具体的なイメージ誘導により、だんだんと「自分には無理だ」の固定観念が崩れていき、

「私が痩せて格好いい服を着ていたらみんな笑ってくれるだろうな」

という思いが湧き上がり、これが原動力となって絶対に痩せようという決意を固めたとの事です。

つまり肉体改造のための具体的なメニューの選定より先に成功体験を予め脳にインプットして、それをエサにやる気を引き出すという方法をとり、その後は科学的に裏打ちされた運動メニューに基づき、完全マンツーマンでのトレーニング、栄養管理士による食事制限などを組み合わせる等の手法が驚異の肉体改造を現実のものにしたという訳です。

 

英会話

ライザップイングリッシュでもこの手法は健在で、

まず徹底した個人カウンセリングにより自身の弱点を発見し、その人に合ったカリキュラムを作成し、

さらに、専属トレーナーとのマンツーマン学習により短期間での英語習得を可能にする事を目指し、

そして、日々の達成状況、勉強法がレッスン後に届けられる事によってモチベーションを維持を目指すと、このような訳です。

 

英語脳を創る秘密は?

・カウンセリング

・短期集中

・自分に合ったカリキュラム

・アフターケア

・徹底した個人レッスン

メニュー

以上の事が英語脳を作り上げる事に役立つということなんですね。

三日坊主にならないように一人で学習せずに、そしてそれなりの金額(リスク)を払って短期間に集中して勉強するという事が大切なのではないでしょうか。

 

口コミは?

これまでも英会話スクールに通っていて読み書きに自信がありましたが、リスニングではスピードについていけずにいました。語彙力が足りないのかなと思い、単語を覚えたのですがリスニング力はつかず、悩んでいた所ライザップと出会いました。通い始めてわかったのですが、自分の学習方法を間違えていた事に気づきました。

TOEIC 445点→895点 (2ヶ月学習した男性)

今までは1日60分かけて数十個の単語をひたすら書いて覚えるような学習方法でした。ライザップイングリッシュに入ってみると、具体的な学習方法を教えてくれたおかげで、洋画のセリフが字幕なしでも理解出来るようになりました

TOEIC 290点→495点(2ヶ月学習した男性)

 

私は英語はあまり覚えようと思った事がなかったのですが、字幕無しで映画が見れるというのは何やら羨ましいですね。それだけでも習う価値はありそうです。さらに欲を言えば世界中に転がっている英語サイトの記事も読めるようになれば、視野がかなり広がるのではないでしょうかね。そんな事を考えていたらちょっと試してみたい気になってしまいました。

 

30日間無条件全額返金保証

気になる料金なのですが、


入会金 5万円

1ヶ月 14万9千円

2ヶ月 29万8千円

3ヶ月 40万9千750円

6ヶ月 78万2千250円


と、それなりのお値段がします。

が、30日間無条件全額返金保証なるものがついているので、一応その点ではハードルが下げられています。

 

公式サイトでは無料カウンセリングを行なっているそうなので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちらから

↓   ↓   ↓

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!


以上、ライザップイングリッシュについてでした。